引越し前には様々な準備をしなければなりません

ロゴ

引越しの準備

ダンボール

建物の造りや立地条件を伝える

正確な見積もりを出してもらう為には、わかる範囲の建物の情報や立地条件を引越し業者に伝えるようにしましょう。そうすることで、引越し当日に無駄な料金を支払うことはありません。

金額が明確になることで値引きをしてくれる可能性が高くなる

建物の情報などを伝えすぎると、料金が高くなるのではないかと考えてしまいます。しかし、金額が明確になることで料金交渉や値引きをしてくれる場合があるのです。

引越し見積もりのできる時期

引越しが多く行われる3・4月であれば早めに依頼しておく必要があります。余裕を持って依頼しておかないと予約ができない可能性があるので気をつけておきましょう。

引越しの際にしておくべきこと

粗大ごみを処分する

市町村が実施している粗大ごみの回収は、地域によって収集日が変わります。ですから、収集日を確認して計画的に粗大ごみを処分するようにしましょう。

小中高生がいる世帯の手続き

小中高生がいる家庭であれば転校手続きをしないといけません。また、転校の手続きは私立か公立かで窓口が異なるので気をつけましょう。

固定電話の解約・移転の手続きをする

引越し先が同一市区町村であれば、手続きをする必要はありません。しかし、同一市区町村からでるのであれば電話番号が変わるので契約会社で解約・移転の手続きをしないといけないのです。

役所での転出の手続き

旧住所と違う市区町村に引越しをする場合は、役所で手続きをしましょう。役所では、市民課と住民課で転出届の手続きをして転出証明書を発行してもらいます。

国民健康保険の脱退手続き

現住所とは異なる市区町村に引越しするのであれば、国民健康保険の脱退する手続きをしなければなりません。この手続きは、役所の国保・年金課で転出の届け出と合わせて手続きができます。

広告募集中